シェア美容室運営のGO TODAY、CCCなどから10億円調達

美容室が大手企業やVCから資金調達するって魅力的

先ほど、日経新聞電子版を見ていたら、こんな記事が。

シェア美容室運営のGO TODAY、CCCなどから10億円調達
(2020/8/24 16:18 日経新聞電子版)

おぉ、大庭さん、さすがですね。
15店舗といえば、美容室グループとしては、それほど大きくないですし、50店舗の展開も、もっと大きなサロンはあります。しかし、ポイントはITとの相性なのでしょう。モビリティというか、フレキシブルというか、「美容師×デジタル」のシナジーをCCCが認めつつ、これまで参入できなかった、美容をフィルターとして個人の消費者への深い入り込みに、美容師という媒介を介して入り込む。
なので、美容室事業への投資というよりも、IT化、そしてそこに来店される顧客情報へのアクセスに対しての10億円でしょう。
CCCは、ご存知の通り、多くの消費者の購買動向については、Tポイントで押さえつつも、美容室と組めば、もっと深い部分まで入り込める、と踏んだ、のかな?

なんて、これは勝手な憶測ですが、美容室企業が、大手企業やVCから資金調達するなんて、魅力的ですよね。それも事業規模ではなく、事業内容において。

 

さて、今後、私たちはもっと幅広く、そして未来志向で考えていかないと、事業がどんどん陳腐化して、遅滞していくことは、このような事象を取り上げるまでもなく、起きてきています。これは別にITからの調達だけでなく、異業種とのコラボ、同じ業種との合併なども含めて、新しいポートフォリオを作る気持ちで進めていくことが求められているし、歩合をあげることも大事ですが、未来を示すことが、若い従業員にとってのワクワク給与となるのではないでしょうか。

 

さて、私も色々と考えなきゃ。

 

あ、個人で公式LINEアカウントやってます。基本的に相談窓口です。もしよければ。
友だち追加

関連記事一覧