• HOME
  • 記事
  • 美容師
  • これが長期停滞の元凶…コロナ禍が暴いた日本IT化「絶望的な遅れ」

これが長期停滞の元凶…コロナ禍が暴いた日本IT化「絶望的な遅れ」

絶望する前に、行動をしないと絶望的になる

下記の記事を読んでみてください。
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問であり、一橋大学名誉教授である野口悠紀雄先生の記事です。(2020年8月23日、現代ビジネス)

これが長期停滞の元凶…コロナ禍が暴いた日本IT化「絶望的な遅れ」

 

コロナで多くの国民がデータを求めているのに、正確な数字が出てこない、対策が打ち出されない、エビデンスが提示されない、それらの元凶はIT化の遅れである、というのがざっくりとした内容です。IT化が遅れることで、あらゆるランキングにおいて、世界中から日本が取り残されているともしています。
これは今さら言われるまでもなく、保健所が感染者数をFAXで送って、人間が集計していたとか、給付金の手続きがオンラインよりも郵送の方が早いとか、謎なことばかり起きているのが、今の日本です(ぜんぜん謎じゃなくて、現実なんですが)

SNS上でのコメントを見ていると、”できない人に合わせているから進まない”というのが大方の意見のようです。
ま、確かに日本というのは、義務教育のころから、できない人たちに合わせる教育制度を取ってきたので、ずば抜けることはないけど、落ちこぼれることも少ない、超平均社会を目指してきました。これによって、早い段階から高いレベルの教育を受けられる人と、そうでない人のレイヤーを作ることで、階層社会を官僚を始め、賢い人たちは構築してきたのです。
なんて話は、今さら誰でも知っていることですが……

このツケがまさに今、大々的に起こっているということですね。小学生くらいの子供たちからすると、もっとシームレスな感覚を持っています。Switchとスマホとパソコンが同じレベルでパスワードを保存してくれているなんてのは、大人の私からすればすごいなぁ、と思いますが、彼らは違う。Netflixで映画をパソコンで見てて、その途中でテレビに切り替えても、同じ場面から始まってくれることに感動している私なのに、デジタルネイティブな人たちからするとそれは当たり前。これは日本だけでなく、世界的にそうなんだと思います。

また世界中で、パソコンを使っている子どもの数も、日本は圧倒的に少ないらしいです。それはスマホでコトが済むから、という理由が大きいようです。
個人的には、ある程度、パソコンを使えるようになっていたほうがいいと思うし、スマホよりも、クリエイティブな興味が高まると思うので、推奨するんですが。(スマホってゲームとかエンタメ、SNSには向いていると思うんですよね)

 

美容室のデジタル化への遅れは、かなり厳しい状況

さて、これらの状況を見て、ビジネスの世界に戻ったとき、みなさんの美容室はどうでしょうか?
IT化をするとスタッフが反対するから、みたいな理由でデジタル化に二の足を踏んでいる経営者さんも多いように聞きます。なんか、「パソコンなんか使ったら客が減る」と豪語したうちの父親を思い出します。もはやそれって、若いのに”感覚老害”以外の何者でもないと思います。
思い切って、できるように教育するか、多少の足切りを仕方ないとしないと、できないレイヤー、やらないレイヤーの人たちに合わせていたら、一緒に沈没します。

またデジタルが苦手とか言っている若いスタッフにも伝えた方がいいです。このままだと落ちぶれていくよ、って。
IT(に限らないですが)など一般企業の若者たちは、超勉強しています。自分たちで、勉強する機会を探して、どんどん新しいスキルを身につけています。そして自分で勉強できる機会がたくさんあります。彼らはそれを活用しています。
誰もが最初はできないんですが、そこで諦めずに、やりたいことをするために勉強する、、、その姿勢が若い人たちにたくさんあって、どんどん能力が開発されている、そんな若い人たちをたくさん知っています。

このまま美容室も、どんどんガラパゴス化していっていいのでしょうか。お客さんと直に接するオンラインビジネスだから、ってオフラインの準備をしなくていいのでしょうか。
そんなことはありません。コロナでソーシャルディスタンシングな世の中ですが、オンラインの価値は高まっています。しかし、それはオフラインという裏側があって初めて成立するものなのです。そこを勘違いしてしまうと、生産性、利益率の高まらない、いやさらに下がった苦しい産業になっていきます。

 

ここはひとつ、美容室経営者のみなさんは、”絶望的な遅れ”になる前にIT化を推し進めてください。

 

石渡公式LINEアカウントがあります。ご質問、ご相談を受け付けています。もしよろしければ、お友達登録お願いします。
友だち追加

関連記事一覧