• HOME
  • 記事
  • 美容師
  • データ分析をすると、”美容室の定説”がいかに言い訳かがわかる。

データ分析をすると、”美容室の定説”がいかに言い訳かがわかる。

美容室経営にデータ分析は必要でしょうか?




結論から言うと必要です。


そんなことはみんなわかっています。
しかし、データを経営に活用している人がどれだけいるでしょうか。
そして本当に活用できている人がどれだけいるでしょうか。


数字をちゃんと見ているという経営者の人の話を聞くと、多くの場合、「経営管理に必要な会計数値を見ている」という意味を指すようです。スタッフに利益率を考えさせている、材料比率を抑えさせている、生産性を維持させている、と。


これは正しいデータ分析なのでしょうか。

経営的には正しいです。しかしマネジメント目線でいくと誤っていると思います。利益率、材料比率、生産性は、経営者にとって必要な数字であって、従業員には不必要な数字だからです。


私が理想とするデータ分析のマジックは、


※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧