• HOME
  • 記事
  • 美容師
  • 今こそ、美容室は組織再編を実行しないとコロナ禍を生き残ることができない?

今こそ、美容室は組織再編を実行しないとコロナ禍を生き残ることができない?

コロナが人の考え、行動を大きく変えている



コロナによるソーシャルディスタンシングによって人と人が接する機会が激減しました。
コロナは、経営的な売上ダウンに繋がっているだけでなく、従業員同士のコミュニケーション量も意図的に減らしているはずです。今までは、練習会や社内イベント、営業後の飲み会などでコミュニケーションをとることで関係性を維持していましたが、それがげきなくなっているのが現状です。
これによって何が起こっているのか。
そのひとつが、マインドシフトだと思います。
阪神・淡路大震災によって、東日本大震災によって、そしてコロナによって。
人間の価値観は大きく動いています。
今回の新型コロナウィルスによって、生活環境が大きく変化しています。
これによって消費者はもちろん、働く人たちも人間なので、意識は大きく変わっています。

大きな縦割り組織は存在できない



美容室という技術組織も今、大きく変わらないといけません。技術による縦割り構造は、すでにオールドモデルになりつつあります。若い人たち(新卒)は、これまでの技術縦割り構造を頭では理解しつつ、体(心)が対応できません。それだけにがんばってしまい、ついていけなくなる人の割合は増えているはずです。
このマインドシフトは、多くの先輩たちにも同じことが言えます。コロナによって、今まで当たり前だった状況が否定され、新しい生活様式を私たちは求められています。そのとき、コロナ前のマインドに戻ることはないと思います。


では、具体的に何をすればいいのでしょうか。




※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧