【7月からをどう乗り切るか】

6月は、どこの美容室も忙しかったと思います。

そんな6月も終わり、7月に突入したわけですが、今回の7月ほど読めない月はないですよね。


【7月からを乗り切る】



普通に見れば、4、5月の来れなかったお客様が6月に来たと考えると来店周期はズレ込んでいるので、次に来るのは8月ですよね。お盆も帰郷する人が減る事を考えると、お盆前ではなくお盆にお客様が来そうな感じもしますが。

ただ、周期ももちろんなのですが、季節やそれこそコロナの動向もあるので、なんとも言えません。

ただ、コロナ期間中も言いましたが【波があるのは当たり前】で悪い事があれば良い事もあります。
今回の悪い事はかなりデカかったので、良い事もそれくらい振り幅ないと困りますよね。


【調子に乗らない】



意外にその時の状況下で感情もろ出しの発言はやっぱり信用を失います。
辛い時も淡々と良い時も淡々とやり続ける。

悪い時に「助けて下さい!辛いです!!」で良くなったら「マジ儲かる!金使うぜ!!」は見た目として良くないですよね。

まぁ、人間らしくていいっちゃ良いんですけどね。
発信してないだけで、今回は経営者全員思ってるだろうしww

ただ、そうやって「危機」と感じた時に直ぐに行動出来たからこその結果で、何もしていないで様子見だけしていたならそういう結果も得られないんだと思います。

コロナ序盤は早く行動する事がアダになったりもしましたが、それ以外は早めの行動が功を奏した訳ですから、総評するれば「直ぐ行動」はやっぱり結果を残しやすいとなりましたね。


【危機感は持っておく】





※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧