【厳しい時のメンタル維持】

今、コロナバブルで盛り上がって来て「小規模サロン」は乗り越えた感があり余裕があると思います。

逆に、「中規模サロン」や「大規模サロン」はまだ厳しい状況が続いていますよね。。

そりゃ、中規模、大規模からしてみたら助成金関係は「何の足しになるの?」状態ですから当たり前と言ったら当たり前ですよね。

そんな中でどうやって厳しい時を乗り越えるか。

立場は違えど、波があり厳しい時もあるのでその時のメンタル維持の考え方を書いていきます。


【気持ちを余裕にさせるシステム構築】



結局、今回の事での一番の学びは「しょうがない」を無くすって事だと自身は感じております。

たとえば、自店の話をするならば【家賃】なんて代表格です。

自店のエリアは、家賃がかなり高いエリアです。
定期借家も多いです。


でも、その中でも自分の場合は探して探して家賃をかなり抑える事が出来ています。
初期費用も、従来の3/1程度に抑えているんじゃないでしょうか。

そんな状態ですから、結構周りからは「ケチくさい奴」と思われていたかもしれません………




※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧