• IT
  • It活用に関するコンテンツ

ITに不慣れな美容室が失敗せずにECをスタートさせるために知っておくべきこと。

サロンワーク以外の働く時間をどう生かすか?




新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も解除され、
都内も人出が一気に増えて来た感覚があります。
このまま、いつもの忙しい日常が訪れるのでしょうか。

さて、営業を自粛している間に、
多くの美容室が新しいことにチャレンジしているようです。
売上が落ち込み、しかし、動くことができない。
そういうピンチのときこそ、
新しい試みに挑戦するにはよい時期でした。
しかし、ここで大きな課題が生まれています。
この危機の時期に始めた新しいことが、
以前と同じ(ような)忙しさに戻ったときも、
継続できるかどうか、です。
もし継続できないとしたら、
もう二度と、その物事には取り組めないでしょうし、
スタッフも、(もしかしたら自分も?)、
新しいことにチャレンジしても、
すぐに続かなくなる人になるでしょう。



実は、今は、そんな分岐点だと思っています。



業界の大きな分岐点になるECへの参加



そんな時期に、一斉にみんなが始めたのがECです。
あるサロンはクラウドファウンディングとして、
あるサロンは、通常のオープンECとして。
様々なサロンがECを始めました。
しかし、どれだけのサロンが成功軌道に乗っているでしょうか。
個人的にヒアリングした結果でいうと、
一気に大きな売上をあげた美容室があります。
またまったくヒットしていないサロンもあります。




ここで大事なのは、ヒットしたサロンが、
どうやってこの傾向を継続させていくか、です。
もしかしたら、自粛の世の中なので、
応援の意味で購入したお客様もいらっしゃったかもしれません。
そうなると、一時的な売上に終わる可能性があります。
せっかくの、巣篭もり需要をいかに継続させていくのか。
これは、接触型(店舗型)ビジネスにとって、
大きな収益のプラスになるはずです。



今こそ、サブインカムをメインインカムに昇格させて、
会社の事業基盤に加えるべきときがきているのです。
では、EC事業をどのように立ち上げるべきか、検討してみたいと思います。



ECを始めるのため、まずは何が必要か、何を考えるべきか



まず考えてみるのは、ECの消費者を誰に設定するか、です…………




※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧