「美容師の当たり前」と「お客様の当たり前」

松浦です

美容師さんって、割と自由な人が多い職業だと思うんです。
まぁ…
僕もその1人なんですけど…笑


髪の毛も自由
服装も自由


なんかそれだけで、普通のお仕事をされているお客様から見たら特別な職種だと思うんですよね


でもなんかここを履き違えると
お客様との距離感が縮まらないというか、
マッチしないと思うんです。


特に「カリスマ世代」を経験している美容師さんって、その時代は「お客様が美容師に合わせていた」時代だったので
どうもこの価値観が理解できないことが多いように思います。


自分のお店にどんなお客様が来ていて、
どういったお客様に来て頂きたいのか?
という価値観に自分を合わせていかないと
まずこれからの時代、売れることはありません。。。


今回は、この「美容師の当たり前」と「お客様の当たり前」を説明していきますね







******************
この記事は有料コンテンツとなります。
プレミアム会員または、本記事を購入済みの方は、ログインをしていただくと続きを閲覧できます。

\ 今なら、無料会員登録後1週間、すべての有料記事が読み放題! /

今なら、期間限定で、無料会員登録から1週間、特別にすべての有料コンテンツを無料で閲覧できます!
まだ会員登録していない方は、ぜひこの機会に登録をして、BEUATY BUSINESS STANDARD を体験してください。まずは、新規会員登録をお願いします。

会員登録から1週間経過後は、プレミアム(有料)会員登録、または記事の購入が必要となります。
ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただくと、続きを閲覧できます。

※プレミアム会員は、登録をした月以降に掲載される有料記事が全て読み放題です。
登録前に掲載されている有料記事は、記事ごとの購入が必要になります。
※この記事は、の翌月以降にプレミアム会員に登録された方は、記事ごとの購入が必要です。
プレミアム月額会員費:1,100円(税込)
この記事のみ購入の場合:330円(税込)

関連記事一覧