• リピート化
  • リピート率向上、顧客化のノウハウ等に関するコンテンツ

休憩時間を取ると売り上げが上がる法則

前回、令和の時代にしなければならない大事なルール(労務)を説明しましたが今回はそのなかで、休憩について焦点をあてたいと思います。 休憩時間がほとんど取れないサロンはいまだに多いのではないでしょうか? 休めないほどお客様が来るということは繁盛している証拠でいいことではあります。 しかし、そこにはたくさんのデメリットが存在していることをご存知でしょうか? 僕が最初に働いていたサロンはカリスマサロンと呼ばれるところで、午前中の営業前にレッスン2時間、そして朝11時の営業開始から休むことなく、休憩にお昼ごはんを食べられるのが毎日21時頃でした。


******************
この記事は有料コンテンツとなります。
プレミアム会員または、本記事を購入済みの方は、ログインをしていただくと続きを閲覧できます。

\ 今なら、無料会員登録後1週間、すべての有料記事が読み放題! /

今なら、期間限定で、無料会員登録から1週間、特別にすべての有料コンテンツを無料で閲覧できます!
まだ会員登録していない方は、ぜひこの機会に登録をして、BEUATY BUSINESS STANDARD を体験してください。まずは、新規会員登録をお願いします。

会員登録から1週間経過後は、プレミアム(有料)会員登録、または記事の購入が必要となります。
ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただくと、続きを閲覧できます。

※プレミアム会員は、登録をした月以降に掲載される有料記事が全て読み放題です。
登録前に掲載されている有料記事は、記事ごとの購入が必要になります。
※この記事は、の翌月以降にプレミアム会員に登録された方は、記事ごとの購入が必要です。
プレミアム月額会員費:1,100円(税込)
この記事のみ購入の場合:330円(税込)

関連記事一覧