令和に生き残る美容室の労務と意識改革

はじめまして。

大阪府八尾市の美容室ステディアのキノシタです

 

僕は今までに、当時カリスマ美容師のいる某有名サロン、地域密着の接客重視サロン、全国展開で会社が大きく集客力のすごいサロンと、今よくある系統のタイプのサロンで働いてきました。

それぞれのサロンではまったく違う働き方、考え方で経営しており、それぞれの経営方針のいいところをたくさん学ばせていただきました。

今は令和という新時代に突入しました。

しかし、美容師の考え方でまだまだ平成、下手したら昭和の美容師の働き方を続けている美容師、経営者がたくさんいることを感じます。


******************
この記事は有料コンテンツとなります。
プレミアム会員または、本記事を購入済みの方は、ログインをしていただくと続きを閲覧できます。

\ 今なら、無料会員登録後1週間、すべての有料記事が読み放題! /

今なら、期間限定で、無料会員登録から1週間、特別にすべての有料コンテンツを無料で閲覧できます!
まだ会員登録していない方は、ぜひこの機会に登録をして、BEUATY BUSINESS STANDARD を体験してください。まずは、新規会員登録をお願いします。

会員登録から1週間経過後は、プレミアム(有料)会員登録、または記事の購入が必要となります。
ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただくと、続きを閲覧できます。

※プレミアム会員は、登録をした月以降に掲載される有料記事が全て読み放題です。
登録前に掲載されている有料記事は、記事ごとの購入が必要になります。
※この記事は、の翌月以降にプレミアム会員に登録された方は、記事ごとの購入が必要です。
プレミアム月額会員費:1,100円(税込)
この記事のみ購入の場合:330円(税込)

関連記事一覧