知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » Bireki Magazineリニューアルのご案内
2014.04.23 Wed
Bireki Magazineリニューアルのご案内
この度、Bireki Magazineはリニューアルすることとなりました。

またマガジンテーマを一新して、これまでのメンバーに加えて、執筆陣も大きくパワーアップします。

新しいテーマは

“知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン”。

今回、美容業界とは違う様々な業界から“知識人”が参加してくれました。私たちはこの執筆陣を「コラムニスタ」と名付けます。
最新のトピックからサービス業に活用できそうなテクノロジー、センス、クリエイティビティ、ビジネスアイデアなど幅広い知識を美容師さんのために届けます。

今後、このコラムニスタたちは、どんどん増えていきます。
美容業界のために、美容師さんの明日の仕事のために、プラスになる知識を提供していきます。

また新たに「biyoshimeikan」編集長の石渡武臣がBireki Magazine編集長兼任として就任します。

今後の展開をお楽しみに!




ishiwatari

「biyoshimeikan」「Bireki Magazine」編集長/石渡武臣

「この度、『Bireki Magazine』の編集長を兼務することとなりました。
これまでの著名美容師さんたちの有意義な記事に加えて、新たに異業種の業界から知識人のみなさんにお声がけをしてコラムを書いて頂くこととなりました。

私の目線、考え方などから、きっと美容師さんに必要だ、と思えるトピックを記事にしていきたいと思っています。ぜひ、ご期待ください。
また今後も、新しい“コラムニスタ”を追加していく予定です。私自身もぜひお話を聞いてみたい人たちに依頼していますので、これからも、期待していてください!」


それでは、今回から新たに参加して頂くコラムニスタを紹介します。

morijunnya

モリ ジュンヤ

フリーで編集、企画、取材、執筆をする人。
1987年岐阜県生まれ。テクノロジー、ビジネス、デザイン、モノづくり、暮らしなど横断的に、幅広く編集活動をしています。




morijunna

盛 純菜(もり じゅんな)

元メンズスタイリスト 株式会社MJworks 代表取締役
独自のセンスとルートで世界中から集めたヴィンテージ品が所狭しと並ぶヴィンテージブランドショップ「Qoo」の経営とバイイングを行うかたわら、ブロガーとしても活躍中。




kazzwatabe

カズワタベ

プランナー/ディレクター
1986年4月長野県松本市生まれ。
洗足学園音楽大学在学中よりライブハウス店長、クラブジャズバンドのリーダー/ギタリスト、ウェブサービス運営会社の取締役を歴任し、現在はフリーランスとして「考える・つくる・広める」を事業領域に様々なプロジェクトで暗躍中。
並行して、神戸ITフェスティバル、YOAKE、CCサロン等の著作権、コンテンツ・ビジネス関連のイベントで登壇するなど、クリエイターの権利保護、創作文化振興に関わる活動を積極的に行なっている。




sunagarekeisuke

砂流 恵介(すながれ けいすけ)

1983年広島県生まれ。
秋葉原でPCショップ販売員の経験を得て、日本エイサーへ入社。宣伝・広報を担当する。
2013年12月退社。手段を選ばないゲリラ的なPRを得意とする。
※お金がないから頭を使う-日本エイサー広報・砂流恵介のゲリラ戦術がやばい
http://matome.naver.jp/odai/2138261979010999701
※8日間並んで買ったアップル福袋にガッカリしていたらAcerがMacBook Air似の最新ウルトラブックをくれたでござる
http://rocketnews24.com/2013/01/17/285478/




hasegawashouichi

長谷川晶一(はせがわしょういち)

1970年5月13日生まれ。
早稲田大学卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。スポーツを中心に、ミュージシャン、アイドルなどのドキュメンタリー作品を数々発表。
主な作品に、『夏を赦す』(廣済堂出版)、『マドンナジャパン 光のつかみ方』(亜紀書房)、『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』(白夜書房)、『私がアイドルだった頃』(草思社)など。
5月末に新刊『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社)が発売予定。




saitokeiichi

斉藤恵一(さいとう けいいち)

大学時代に歌舞伎町のホストの世界に飛び込むも半年間、売り上げゼロを更新。
あるターニングポイントをきっかけに、売るために「本当に大切なこと」に気づき「タレント力」を上げるセルフブランディングに取り組み、後に約6年間売上げナンバー1となる。
その後、ホスト時代の経験を基に、人間の心理にフォーカスしたプランニングで数々のコスメオリジナルブランドの立ち上げから、販売スタッフ育成までトータルにプロデュース。
ブランドプロモーション、店舗開発、人材マネジメント、ターゲットに沿ったオリジナルブランドの企画・開発・販売実践、イベント企画等に携わる。
さらに、認知心理学、イメージングメゾットなど、脳科学の分野を専門に学び、ディプロマを取得し、現在は、美容業界を中心に、アパレル業界、タレント業界など で、売れるために本当に必要なこととは何なのかをテーマに年間約200回の講演、セミナー、研修を通じて、のべ1万人を超える方々に自分自身をマネジメントしタ レント力を高め、自身が持つポテンシャルを引き出すパーソナルマネジメントのプロデュースを行うほか、新規事業のプロデュース及びコンサルティング、イベント 製作、セールスプロモーション、講演活動、コラム等の執筆などで活動中。




takayamanaoko

高山直子(たかやま なおこ)

大阪府出身。14歳の時にスカウトされ、美容業界誌やサロンでモデルを始める。
その後、『CUTiE』『mina』『PS』などで読者モデルとして活動。高校卒業後、専門学校を経て20歳で美容師免許を取得。
2011年、東京・渋谷にまつ毛エクステ専門店『Amelie』を設立。ブランドコンセプトからモデル撮影、店舗開発までトータルプロデュース。
その後『frele』『Reine』と店舗を展開。2012年8月1日には株式会社Fraisierを設立。
翌年、初のネイルサロン『Cachette』さらに関西1号店となるまつ毛エクステ専門店『merci』をオープン。
サロンオーナーとしてのステータスを高める一方でブログ、SNSなどのメディアでも抜群の影響力を発揮。
2014年4月創刊のファッション&カルチャーマガジン『CYAN』における“初代CYANISTA”に選ばれるなど、モデルとしてのプレゼンスも増す一方である。




ishiharakaori

石原かおり(いしはら かおり)

1993年広島トヨタ自動車株式会社入社。新車営業 社長賞、優秀社員賞など受賞。
1996年株式会社リーガロイヤルホテル広島入社。カウンターセールスにて婚礼目標件数を達成。
2001年株式会社リクルート入社。Hotpepper美容ページ専任として広島にて提案営業と代理店渉外を担当。月間約100件を担当し、顧客の売り上げに貢献。支社長賞、月間、通期MVP、準MVPほか数々受賞。
2006年美容組織アーバン美容グループのゼネラルマネージャーに就任。東京に転勤。優秀営業マンの輩出、組織での受賞等多数。
2009年3月末まで品川田町編集部編集長、営業統括部人事教育グループにて主に営業マンスキルアップなどを手掛ける。
2010年11月美容室特化型営業力アップ企業、株式会社Happy relations設立。