知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 其の十六、カラー塗布はドライか、ウエットか大激論!
 有料 2014.02.07 Fri
其の十六、カラー塗布はドライか、ウエットか大激論!

カラー道場 西海 「其の十六」

アロアさんからの質問


今、働いているサロンではスタイリストが自分を含めて6人いるのですが、カラー塗布(ホイルワーク含む)の際、ダメージに関係なく、すべてウエットで塗布するスタイリストが3人、ドライで塗布するスタイリストが3人います。

自分はドライで塗布してるのですが、ウエットで塗布しているスタイリストが言うには「ウエットで塗布したほうが髪のダメージも少なく、カラー剤も浸透しやすいし、ムラなく塗れるよ。」というのですが…

個人的には前処理をしっかりすれば、ドライで塗布したほうが細かい塗り分けができるし、ウエットより色の持ちもいいと思うし、低(微)アルカリカラーなどを使えば毛先のダメージも極力抑えられると思うのですが…


この記事は会員限定記事となります。

美歴会員登録をし、美歴マガジンのサービス利用規約に同意いただくと続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。(有料コンテンツは、ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただきます)