相手との距離をグッと縮めるために、挨拶にバリエーションを! 

前回は、「挨拶は、自分から先に」でした。今回は、挨拶言葉のバリエーションです。

私は、CA新人時代、狭い飛行機の中で苦手な先輩とすれ違うたびに「お疲れ様」ばかりを言っていました。

そうしましたら、同じ方に3回目に言った時、
「私はそんなに疲れていないわ!」
と言われてしまいました!

・・・ 大反省です。その人への苦手意識オーラ全開で、つぶやいていたのでしょう。

良く言われるのは、「ご苦労様」は、目上の人には×。「お疲れ様」は、目上の人にも○、です。

business_manners130718-1

基本的には正解です。ただし、「お疲れ様」自体がねぎらいの言葉なので、朝から何回も言っていると、やはり相手はいやですよね。もっと相手の気持ちをプラスにする言葉を投げかけたいです。

それでは、どうすれば?まずは、定番。
「おはようございます」は、通常のビジネス社会では10時半~11時頃ですね。「お世話になっております」「いつもありがとうごいます」などは、開口一番の言葉として終日言える言葉です。

また、廊下でのすれ違いの時は、無表情で何かをつぶやくよりは、「にこ!」と笑顔とアイコンタクトで会釈、の方が効果があるかもしれません。「こんにちは」は、相手と場面を考えて。親しい方とはビジネスでも使いますが、なれなれしいと感じる方もいますね。

それから、簡単だけどなかなかできていないこと。それは、
「○○さん、おはようございます。本日ミーティングがありますね。がんばります!」

①名前を呼ぶこと。
古今東西、老若男女、人は、自分のことを認めてもらいたいのです。「店長」より「○○店長」と名前を呼ぶと、ほんのちょっとですが、気持ちがプラスになります。後輩にも、是非名前で!

②感想や想いを言葉にして続けること
「昨日は、○○の件、アシスト助かりました、ありがとうございました。」
その人にだけの挨拶言葉を入れると、ぐっとその人との距離が縮まります。特別な言葉でなくて、自分の感じた+のことや感想を言葉にして、伝えてみてください。

business_manners130718-2

それでは、皆様、本日も素敵な1日になりますように。

キャリア・フォワード 秋元浩子

Career Forward
〒102-0084
東京都千代田区二番町5-25
二番町テラス1105
TEL  03-3236-0633
URL  http://careerforward.co.jp/

ご質問はこちら
 

 

関連記事一覧